中古ドメインの運用

中古ドメインの運用について

SEO対策にさまざまな企業や団体が躍起になっている現代社会。

特に注目を集めているのが、中古ドメインの持つ検索重要度の価値です。

中古ドメインとは、過去に保有者が存在したものの、現在は契約が切れているドメインのことです。契約が切れているために誰のものでもなくなっているのですが、今までの履歴は残ったままです。たとえば、たくさんのサイトにリンクされているだとか、有名なサイトにリンクされているだとか、Googleの検索エンジンで上位にランクしていただとか、良い記録もたくさん集積されているのです

これが、SEOにおいてはたいへんな価値を生みます。過去に良い経歴がある中古ドメインを取得し、利用するだけで、物理的な部分で検索結果の上位に表示されやすくなるのですから。そのため、現在は取得競争が非常に激化しており、販売業者や取得代行業者もやまほど存在します。個人で取得するためのツールもたくさん販売され、ちょっとした騒ぎになっているといえます。

ですが、中古ドメインを取得しても、運用には面倒が付きまといます。

というのも、取得当時は価値の高いドメインであっても、その価値は変動していってしまうからです。

もとのサイトと同程度の情報的価値を保ち続けるのには、非常な手間と努力が必要です。被リンクは外されてしまうこともありますし、自分ではどうしようもならない点で価値が下がっていくこともあります。

運用に自信がなければ、当初からの価値の下落については、ある程度許容する必要があるでしょう。

中古ドメインからの運用にまったく自信がなく、むしろ中古ドメインにまつわるしがらみや、初期コストの高さのほうが気になるという場合には、中古ドメインからの被リンクを受けるサービスを利用する手もあります。
中古ドメインを保有する業者は、販売するほか、ドメインからのリンクを売っている場合があります。価値の高いページからのリンクが貼られると、リンクされやページの価値も同様に上がるしくみになっています。ドメインの運用は業者に任せ、その利益だけを得る。手間をかけずにほどよく利益を得たいのであれば、なかなか賢い利用方法といえるのではないでしょうか。

中古ドメインは、価値が高いものを購入しても、運用によっては価値が下がってきてしまう場合があります。ある程度の許容は必要でしょう。
場合によっては、直接利用する以外の方法を考えてみるのもよいかもしれません。