インデックス削除について

中古ドメイン利用時の注意とインデックス削除について

過去に誰かがウェブサイトを構築する時に利用をしていたドメインを中古ドメインと言います。

中古ドメインは被リンクとなるバックリンクを引き継ぐことが出来るなどの理由からも、検索エンジン最適化において有効であり、被リンクを受け継ぐことで他のウェブサイトからの訪問者の数を増やし、集客率を高められると言ったメリットが有ります。

通販サイトやアフィリエイトサイトなどを利用する時など、これらのサイトのサテライトサイトとして利用する事で、本サイトだけでは集客が出来ないユーザーをサテライトサイトに集客をし、サテライトサイトから本サイトでもある通販サイトやアフィリエイトサイトに集客する事が出来るなど、様々なメリットを持っているのです。

中古ドメインを利用する時は、被リンクの数や有効数、中古ドメインの年齢とも言われているドメインエイジ、そして過去に利用されていたウェブサイトのタイトルなどを調べた上で、自らのウェブサイトと同様のウェブサイトを利用する事で効率よく集客する事が可能になるのです。
しかし、とても便利な中古ドメインではあるのですが、過去の利用者がどのような検索エンジン最適化を行っていたのかにより、状況が変わるのが特徴でもあるのです。

中古ドメインは、バックリンクを引き継げる事、SEO対策に対して有効であると言うメリットが有りますが、そのSEOというものが正しい方法で行われている場合にはメリットが活かされますが、不正な方法でSEO対策を行っているとページの評価は下がるどころか、ペナルティを受けてしまい、インデックスが削除されてしまう事もあるのです。

インデックスが削除されることで、検索結果で上位表示を行う事は出来ませんし、検索結果に表示されない状態になるのです。

インターネットの中にあるウェブサイトは、正しいSEO対策を行っていれば、検索の順位に関係なく必ず検索結果に表示が行われるのですが、インデックスが削除されることで結果に表示が行われないと言う事なのです。

尚、中古ドメインと言うのはあくまでも被リンクにおけるSEOに対して有効なものであり、これから作ろうとしているウェブサイトの内部要因についてのSEO対策は自ら行う必要が有ります。

これは被リンク対策というものが、SEO対策における外部要因の対策であり、SEO対策には内部要因と外部要因の2つの対策が必要だと言う事なのです。

内部要因の対策を行う時など、中古ドメインとなっている元のウェブサイトが不正なSEO対策を講じている場合は、スパムサイトと言う事になり、インデックスが削除されてしまう可能性を持つと言う事なのです。