新築一戸建てについて

厚木での新築一戸建てについて

厚木での新築一戸建ての購入を考える際に、新築するための土地をどうするかという点と、災害に対する備えを考えた場所かどうかをまずはよく把握する必要があります。
指定された小学校や中学校などへの避難先までは近いかどうか、あるいはその新築する家の所在地の地盤はどうか、倒壊などのおそれや土地の液状化現象によりその地盤が揺らぐことはないかどうか、そうした視点からも一戸建てを新築する際には考えておかなければいけないことになります。

厚木は他にも北西に富士山があります。富士山が万が一噴火した場合にその噴煙などの被害が厚木ではどの程度あり得るのか、溶岩流などの支援災害についてどういった対応が考えられるか、一戸建てを建築する場合には災害対策を真剣に考えた上で建築する必要があります。
災害対策以外ではその建築費用の問題があります。夢のマイホーム一戸建てを建築するにしても建築費用をどうするか、ローンなどでどの程度借りるか頭金はどうするか、こうした様々な事柄を家族でよく話し合った上で検討することが大切です。

さらに建築する一戸建ての土地や建物の税金については、毎年課税される市町村などから課税される固定資産税や、不動産を取得した時一回限りの税金である厚木県庁から課税される不動産取得税があります。固定資産税にしろ不動産取得税にしろ課税されることはあらかじめ知っておけばその対応策も事前に決めておくことができます。貯蓄をしておくことや頭金に今までの貯蓄すべてを投入するのではなくて、多少は余裕を持たせた資金運用を考えるなどの対応があらかじめ取ることができます。
またローンで借りる金額と借り始めの年齢にも注意が必要です。特に今問題となっているのが壮年期を過ぎて50歳前後で借りて、子供との同居で親が退職や現役からリタイヤした際には子供にその負担を継がせるという考え方でローンを組んでしまう人がいます。

65歳まで定年が伸びたとはいっても60歳以上になると働けたとしてもその給料は激減します。65歳まで同じ給料がもらえると思い込んで行動してしまって結果的にローンが返せなくなるという問題が起きてしまっています。結果、法的整理や任意売却で整理をせざるを得なくなり、せっかく手にした不動産を手放さなければならなくなった事例が相次いでいますので、借りる際には身の丈に合った金額を借りるとともに、返せるかどうかしっかりと家族間で話し合うことが大切となります。”